responsive web templates

アプローチの特徴

リカイのオフショア開発センター

「Rikai ODC 〈リカイのオフショア開発センター〉」とは?

一般的にODC〈オフショア開発センター〉には“受託型”のものと“ラボ型”のもの2つがあります。“受託型”は希望をヒア リングして、要件定義、設計、開発、テスト等を行って納品するもの。定義した仕様に従ったものが納品されますが、途中の仕様変更は難しく、変更に応じて追加費用が発生します。つくりたいシステムが明確で仕様変更が不要なら“受 託型”が適しています。

一方の“ラボ型”は、プロジェクトの専用チームを特定期間確保して開発を進める方法。自社の開発チームのように仕 様の変更や調整が可能で、追加費用も発生しません。プロジェクトを早く立ち上げ、必要不可欠な試行錯誤を行った 上で、完成度の高いシステムをつくりたい場合に適しています。

リカイテクノロジーの「Rikai ODC」は、“ラボ型”のニーズとメリットを追求した新しいオフショア開発センター。お客さま専 属の開発チームをベトナムの弊社内につくり、契約期間内に自由に活用して頂くのは通常の“ラボ型”と同じですが、お 客さまファーストの仕組みがより充実しています。

例えば、「手厚いプロジェクト推進体制」。 お客さまの窓口となるのは日本在住のブリッジSEですが、並行して日本在住のデリバリー責任者もプロジェクトマネジメントを サポートします。さらにベトナムのオフショアリーダーが日本のブリッジSEと連携を取り ながら開発者をサポートします。
その他にも「スピード感のある進行」、「一 丸となってつくる意識」、「優れたコスト競 争力」など魅力的なアプローチで、 Rikai ODCはお客さまのニーズとメリットに応え続 けます。

Rikaiのラボ

Rikai ODCの特徴

Rikaiのラボ

柔軟で自由な開発

期間・人月ベースでの契約となるため、期間内は自由にRikai ODCメンバーを活用する ことができます。プロジェクトに制限がないので、メインプロジェクトを担当しながら、緊急時 には既存システムのバグ対応を行うなど、お客さまのご要望に合わせて臨機応変に対応 できます。

RikaiのSmall Start

スモールスタート可能

リリース時に完璧な状態を求めると、要件定義や詳細設計などの工程で高額なコストが 発生します。 そこでRikai ODCは「リーンスタートアップ」の手法を取り入れ、実用最小限 のプロダクト・サービスを素早くリリースした上で、その後じっくりとサービス品質を高めます。 毎月定額の予算範囲内で機能を開発するため、コストは大幅に削減できます。

RikaiのSpeed

スピード感のある進行

つねに最新の技術を追い求めるRikai ODC。開発を効率化するため、新しいサービスや フレームワーク、ライブラリ、ミドルウェアを積極的に導入しています。これらの技術とアジャイ ル開発の手法を組み合わせることで、変化の早い今のIT市場環境に合った、スピード感 のある進行を実現しています。

Rikaiの人材

一丸となってつくる意識

お客さまからのオーダーを受け、要件を決め、見積り、成果物を納品する。その一連の業 務がRikai ODCの責務ですが、お客さまのプロダクト・サービスを成功に導くことがRikai ODCの使命です。Rikai ODCメンバーには、お客さまのために、お客さまと一丸となってつ くる意識が根付いています。

Rikaiのコスト

優れたコスト競争力

Rikai ODCは、スムーズに開発が行えるよう、各種のプロダクト・サービスに共通して求め られるベーシックな機能や業務ロジックを広範囲にストックしています。それらの活用によっ て無駄な作業を省きつつ、お客さまのプロダクト・サービスが固有するものの機能性向上に ついては重点的に注力します。このようなメリハリのあるアプローチによって、従来のアプロー チに比べ50%の開発コスト削減が可能です。

リカイの業務請負

「Rikai 業務請負 〈リカイテクノロジーの業務請負〉」とは?

ソフトウェアやシステムの開発などの業務・ プロジェクトを請け負うサービスです。お客様の社内・構内にて請け負う形態が「常駐」、リカイテクノロジー内で請け負う形態 が「持ち帰り」です。

業務やプロジェクトの規模に応じて経験豊富なエンジニアによる開発チームを編成。 指揮命令や指導はリカイテクノロジーが責任を持って行い、お客さまのニーズに見合った高品質の成果物を開発、納品いたします。

RikaiのSES

お持ち帰り

Rikaiの常駐


常駐

「Rikai 業務請負 〈リカイの業務請負〉」のメリット

Rikaiの品質

これまで携わった様々なプロジェクトの経験・ノウハウが、リカイテクノロジーのクオリティを担保しています。 また、開発クオリティをさらに高める方法を常に適用しています。たとえばエラー管理ツール、自動コードレ ビュー、自動化テスト、CI/CD、スク ラム、アジャイルなどのサポートツール、そしてソフトウェア開発方法論 など。リカイテクノロジーでは、プロジェクトのクオリティ向上に向けて監視・分析・アクションプランの提案を実 施するセンターとして「品質管理部」を設置しています。

Rikaiの納品

優秀で経験豊富なエンジニアのマンパワーと、効率的なプロジェクトの進行管理プロセスにより、リカイテ クノロジーは短期間での納品にも対応可能です。

Rikaiのコスト

リカイテクノロジーは、日本チームとベトナムチームのハイブリッドモデルによって費用対効果を高め、お客さまのコスト削減に貢献します。具体的には、お客さまの要件確認は日本チームが行い、設計・コーディ ング・テストはベトナムチームが行います。

RikaiのFlexible

情報セキュリティの観点から、社内情報を持ち出すことが禁止される場合、お客さまの企業にメンバーを 派遣し、プロジェクトを請け負います。

リカイのシステムエンジニアリング

「Rikai SES〈リカイのシステムエンジニアリング〉」のメリット

ソフトウェアやシステムの開発はもちろん、保守・運用などの業務 運営に必要なエンジニア(技術者)を、必要な期間提供する サービスです。派遣とは違いエンジニアの技術力を提供しながら も、指揮命令系統はリカイテクノロジーにあるため、業務管理の 負荷を軽減できます。

もちろん、業務丸ごとの外部委託(アウトソーシング)にも対応。 独自の研修制度でエンジニアの技術向上に常に力を入れてお り、委託いただければ、より効率的で安定した業務運営を実現 いたします。

RikaiのSES

SES

「Rikai SES 〈リカイのシステムエンジニアリング〉」のメリット

Rikai

業務の拡大・縮小に伴う雇用問題が解消でき、柔軟な運用体制の構築が可能になります。繁忙期 のみの派遣など、効率的で合理的な企業運営に繋がります。 

Rikai

⻑期にわたる特定システムの管理や保守など、高い専門性が必要とされる業務においても、品質を 維持するための仕組みやツールを用意して業務を運用いたします。また随時業務改善や効率化に取 り組み、より安定した業務運用を目指します。 

Rikai

Rikai SESでは、人員の採用・教育・業務管理などをリカイテクノロジーが行うため、お客様の業務管 理に関わる負担を大幅に軽減し、限りのある経営資源をコア業務に集中させることができます。

Rikai

顧客が開発の範囲を拡大してコストを削減したい場合、日本のお客さま企業に常駐しているベトナム 人エンジニアを通じて、ベトナムチームにタスクを簡単に移すことができます。

What

豊富な実績