オフショア開発ならベトナム❓❓❓



1.日本国内ITリソースが逼迫している?!

 2019年に経済産業省より公開された「IT人材需要に関する調査」では、2030年に最大で79万人ものIT人材が不足すると警鐘を鳴らしています。このようにオフショア開発に対するニーズが大企業から小規模企業にまで拡大しいています。

ベトナムオフショア開発~「コスト削減」から「リソース確保」に!!!


 『オフショア開発白書(2021年版)』によると、オフショア開発先の人気国ランキングは、ここ数年と相変わらず2020年もベトナムが第一52%です。主に「コスト削減」を主たる目的として広がっていた「オフショア開発」は「リソース確保」での活用も注目されています。 

Mobirise

2.理由は何でしょうか?

 ★GDPに対する教育への政府⽀出割合が6.6%(⽇本は 3.4%)と世界的に⾼い標準

 ★国際数学オリンピック、物理オリンピックで毎年 ゴールドメダリストを輩出

 ★ベトナム政府は2020年までに100万⼈のIT技術者の就業を⽬指している

 ★外資系IT企業の誘致や、⼤学と教育機関と連携したIT⼈材育成を強化している

 ★300近くの⼤学・短⼤でIT関連学科が設置され毎年5万⼈近い卒業⽣を輩出

3.RIKAIについて

 リカイは外国人(ベトナム人)がつくった、日本に本社があるオフショア開発会社です。
 Win-Win オフショア」のオンリーワン企業として、“オフショア開発会社を戦略パートナーと捉えるお客さま”、そして“満足度の高いオフショア開発を⻑期的に行いたいお客さま”のために、確かな技術とサービスを提供します。

 RIKAIのコアバリューは「人財のクオリティ」「開発のクオリティ」「サービスのクオリティ」です。
 業務アプリケーションからAI・VR研究、RPA、そして基幹システムまで、あらゆるシステムの開発を⼿がけています。

4.RIKAIの人財

 •マネージャーチーム︓ ⽇本企業向けの⼤⼿アウトソーシング企業で、10年以上マネジメント業務に関  
 わりました。
 •在⽇本のエンジニアチーム︓⽇本企業における3〜7年の実務経験があり、⾼度な⽇本語⼒と技術⼒を持
 ち、⽇本企業の作業プロセス・実施⽅法に精通しています。
 •在ベトナムのエンジニアチーム︓ベトナムのTOP⼤学から選抜された社員によってチームを構成。定期
 的かつ継続的なトレーニングで常に最新技術を修得しています。

オフショア開発パートナーを検討している方は是非RIKAIにご連絡くださいませ!
一緒にITの新時代を創りましょう!

Built with Mobirise template