今の時代ならアジャイル開発❓

1.アジャイル開発
 最近の開発プロジェクトには「スピード」と「柔軟性」が必要です。 「アジャイル開発」は、このような状況下で急速に普及している開発手法です。

2.RIKAIでは「アジャイル開発」を取り入れています!
 アジャイル開発とは、なるべく短いサイクルで成果物をアウトプットして言葉だけでなく動くソフトウェアを基にコミュニケーションを行うことで、不具合の発生を未然に防ぐ開発手法です。もちろん全てのプロジェクトでアジャイル開発の手法が有効とは限りません。しかしRIKAIは全員この手法に精通しており、不具合の発生を未然に防ぐ観点によって開発クオリティの底上げに努めています。

3.スクラム開発
 スクラム開発とはアジャイル開発の一種です。「ウォーターフォール開発」のように「上流」「下流」の区別がなく、顧客要望を優先度にしたがって並べ、順次開発を進めていきます。
また、少数のエリート集団でチームを編成し、開発フェーズを1〜4週間に分けて計画を立てているのも特徴です。 少数のエリートメンバーが緊密に連携する「スクラムを組む」行為に似ていることから、スクラム開発と呼ばれるようになりました。 スクラム開発では、いわゆるPMやPLのようなポジションはなく、メンバー同士はプロジェクトの状況や進め方を確認しあいながら開発を進めます。

4.スクラムマスターの役割
 スクラムマスターはスクラム開発における「コントローラー」的な役割を担うポジションです。ただし、PMやPLのように意思決定を行うわけではありません。どちらかといえば「チームの潤滑油」としての役割が大きく、プロダクトオーナーと開発チームの意思疎通がスムーズに進むように調整・チェックを行います。

多くのRIKAIメンバーはスクラムマスターを取得できました!
これを活用してお客様のプロジェクトの品質を改善していきます~~~

Mobirise

This site was started with Mobirise