オフショア開発、失敗しないために

 オフショア開発は、コスト削減と人財確保を目的とした海外へのアウトソーシング手法です。 オフショア開発を導入する際には、言語や文化の違い、進め方など、事前に確認・理解しておくべき点があります。 相互理解を深めたオフショア開発の導入は、プロジェクトの成功につながります。

オフショア開発失敗の原因

  • 人材管理の不足
    優れたエンジニアが低い人件費でいるからといって、オフショア開発に成功できるわけではありません。プロジェクトを成功させるためには、依頼企業は国内外の人材を管理する必要があります。品質向上の秘訣は、すべてを請負業者に委ねたり、サポートや管理を怠ったりしないことです。
  • 要件・仕様の理解不足
    仕様や要件など、プロジェクトの基本的な部分を明確にし、積極的なコミュニケーションを通じて相互理解を促進することが重要です。納期までに低コストで高品質な成果物を開発するためには、要件や仕様を正確に理解してもらうことが重要です。
  • 文化や国民性による認識の違い
    外国でビジネスを行うためには、文化、ライフスタイル、商習慣など、国の違いを理解する必要があります。 人々の生活は歴史的背景や経済状況に基づいているので、仕事の意識、時間管理、考え方の違いに注意するのは良いことです。

オフショア開発を成功させるコツ

  • ドキュメント化と共有を徹底
    プロジェクト管理ツール、ドキュメント管理ツールなどをオフショアで共有することをおすすめします。また、ツールを共有していつでも確認できる環境を作りましょう。失敗したプロジェクトは納品前確認期間が短く、取り返しのつかない時間が経過した後にレビューすると、別の問題がでてくるパータンがよくあります。
  • ブリッジSEはオフショア開発の成功のカギ
    海外でのオフショア開発プロジェクトを成功させるためには、オフショア開発会社と仲介役を務める優秀なブリッジSEの存在が非常に重要です。ブリッジSEは、オフショア開発において自社のチームと海外の現場の間で、両者をつなげる橋渡しとして活躍するエンジニアです。ビジネスに限らず様々な面で日本とは異なる海外の企業やスタッフと、自社がスムーズに仕事を進めていこうとすれば、優秀なブリッジSEを確保しておくことが最重要ポイントの1つです。

RIKAIについて

 リカイは外国人(ベトナム人)がつくった、日本に本社があるオフショア開発会社です。
Win-Win オフショア」のオンリーワン企業として、“オフショア開発会社を戦略パートナーと捉えるお客さま”、そして“満足度の高いオフショア開発を⻑期的に行いたいお客さま”のために、確かな技術とサービスを提供します。 

RIKAIの人財

  • マネージャーチーム
    ⽇本企業向けの⼤⼿アウトソーシング企業で、10年以上マネジメント業務に関わりました。
  • 在⽇本のエンジニアチーム
    ⽇本企業における3〜7年の実務経験があり、⾼度な⽇本語⼒と技術⼒を持ち、⽇本企業の作業プロセス・実施⽅法に精通しています。
  • 在ベトナムのエンジニアチーム
    ベトナムのTOP⼤学から選抜された社員によってチームを構成。定期的かつ継続的なトレーニングで常に最新技術を修得しています。

そのため、設立して4年目の若いオフショア開発会社であるものの、多くのお客様にスムーズにサービスを提供できました。

Mobirise

Make a free website with Mobirise