オフショア開発
請負型とラボ型の違いは?

 一般的にODC〈オフショア開発センター〉には“請負型”のものと“ラボ型”のもの2つがあります。

請負型とは

 “請負型”は希望をヒアリングして、要件定義、設計、開発、テスト等を行って納品するもの。定義した仕様に従ったものが納品されますが、途中の仕様変更は難しく、変更に応じて追加費用が発生します。つくりたいシステムが明確で仕様変更が不要なら“請負型”が適しています。

     メリット           デメリット

  • 一つのプロダクトをしっかりと完成させられること
    一つのプロダクトが完成することを前提に契約を締結しているため、納期までに完成品を確実に納品できるというメリットがあります。 
  • 必要最低限の発注ができること
    「一つのプロダクトを完成させる」という目的のみによって構成されるチームであるため、発注者側にとっては必要最低限でミニマムな予算・チーム編成を行うことが出来ます。
  • 柔軟な開発や修正が出来ない
    途中の仕様変更は難しく、変更に応じて追加費用が発生します。
  • 発注時に要件定義を提示する必要がある
    発注時に案件定義を固めないと作業がなかなか進めません。

ラボ型とは

 一方の“ラボ型”は、プロジェクトの専用チームを特定期間確保して開発を進める方法。自社の開発チームのように仕 様の変更や調整が可能で、追加費用も発生しません。プロジェクトを早く立ち上げ、必要不可欠な試行錯誤を行った上で、完成度の高いシステムをつくりたい場合に適しています。

     メリット           デメリット

  • 複数の案件でも柔軟な対応が出来ること
    エンジニアとの時間単位での契約をするため、どのような業務・プロジェクトにも(スキルやリソースがある限り)アサインが可能です。
  • 優秀な人材を確保できる
    契約期間内において、優秀な海外エンジニアを確保できます。
  • 請負型よりもプロダクト完成の責任が少ないこと
    時間単位で契約するため請負型より成果物に対する責任感が低いおそれがあります。
  • 常にやり取りをする必要
    開発者と積極的にコミュニケーションを取り、仕様の明確化、進捗状況の確認、成果物のレビューなどに管理する必要があります。 

リカイの「Rikai ODC」について

 リカイの「Rikai ODC」〈オフショア開発センター〉は、“ラボ型”のニーズとメリットを追求した新しいオフショア開発センターです。お客さま専属の開発チームをベトナムの弊社内につくり、契約期間内に自由に活用して頂くのは通常の“ラボ型”と同じですが、お客さまファーストの仕組みがより充実しています。

 例えば、「手厚いプロジェクト推進体制」です。 お客さまの窓口となるのは日本在住のブリッジSEですが、並行して日本在住のデリバリー責任者もプロジェクトマネジメントをサポートします。さらにベトナムのオフショアリーダーが日本のブリッジSEと連携を取りながら開発者をサポートします。
 その他にも「スピード感のある進行」、「一 丸となってつくる意識」、「優れたコスト競 争力」など魅力的なアプローチで、 Rikai ODCはお客さまのニーズとメリットに応え続けます。 

Mobirise

Designed with Mobirise - Find more